FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

暁の祭典  浜降祭

2008.07.22 (Tue)

7月21日月曜日 海の日 早朝 茅ヶ崎

その日湘南 茅ヶ崎の町は眠らない。人も木々も、神様も みんなみんな血が騒ぐ。

ワタシの実家周辺は浜降祭のメイン会場となる海にほど近く、前日の夕方あたりから町の空気がサワサワとうるさくなってくるのを肌で感じる。(今年は、妹曰く、前々日あたりから駅前の空気も違ったとの事。)相方も神輿の担ぎ手。ワタシ達も夜中2時にはワタシの実家に戻り準備をはじめた。



      DSCN0899_convert_20080722172728.jpg
am: 3:20 挨拶、お神酒 




お祭りは夜中から始まる。(浜降祭の詳しい由縁は省きます。興味がある方は検索すればたっくさんあるトピックの中からどうぞ。)(人まかせ)ちなみにワタシの氏神様は南湖住吉神社。海の女の神様でございます。本宮は大阪 住吉大社。
物心ついた頃から父の法被姿を見てきた。ワタシの中の血が、そういうふうにできているらしい。地元を離れた人も祭りには里帰りする。自然とお祭り会場は同窓会のような、同級生もおっさんおばさんも見た事ある方々ばかり。半分は挨拶回りに忙しい。ワタシの地元、南湖は、昔からの漁師町で、オヤジもオバサンも口が悪い。しかし悪い人はいない。
ワタシと相方は毎年、友人のAちゃんとHくんと4人で参加する。どんなにずっと会っていなくても、お祭りの時には勝手に自然と4人でくっついている。きっと皆、切ったら同じ色の血が流れているに違いない。



DSCN0900_convert_20080722173436.jpg

DSCN0909_convert_20080722175920.jpg
am: 3:30 宮立ち

まだ夜が明けない中の参道をゆく御神輿は担ぎ手達の汗と熱気で白くけぶる湯気を上げる姿が最高にカッコイイ。宮立ちは住吉神社の神輿保存会の人のみで始められ、その美しいまでの規律を破る人はいない。

      DSCN0914_convert_20080722180531.jpg
am:4:30 南湖五社が集まり、茅ヶ崎で一番偉い「寒川神社」さんを待ちます。少し夜が明けて来た頃。

     DSCN0951_convert_20080722181217.jpg
am:6:30 南湖五社が一番最後に浜へ到着します
am:7:00 式典

      DSCN1000_convert_20080722182236.jpg
am:8:00 式典終了 いざ、浜降一番の見所、海入り

      DSCN1033_convert_20080722182614.jpg
南湖の御神輿は一番海に近い神社さん達なので、浜へ降りるのも最後、上がるのも最後で、どれだけ元気に美しく担げるか競い合うのもピーク。いつまでたっても海から上がらない。
今年は写真に専念していたので、ワタシは海には入らなかったけれど、実はかなり溺れかけの人もいる。(女の人はギリギリ。)そして南湖五社の担ぎ手で法被が濡れていないのは恥ずかしい事でもあり。(色んな人に「なんだ!!濡れてねぇじゃねぇか!!」と怒られる。いちいち言い訳する。)
油断する人は携帯やタバコを浸水させ泣く。



ワタシの父は浜降祭命で御神輿は箪笥を叩く。(決め台詞は「俺は箪笥専門だから。」)担ぐ姿は見た事ないが、父の箪笥は最高にカッコイイ。そんな父を見て育ったものだから、ワタシ自身、「男は御神輿の担ぎ手じゃなきゃお男じゃねぇ」と思っている。茅ヶ崎で産まれ育った男ならなおの事。運良く相方は元々、茅ヶ崎で一番大きく重い御神輿、小和田 熊野神社で担いでいた。
南湖の友人は三姉妹で、やはりそこのお父さんも担ぎ手。酔っぱらうと必ず、「娘達の彼氏が神輿も担げん男なら家の敷居はまたがせん!!」と言うらしい。そんな父を持つその三姉妹も皆、女担ぎ手だ。
浜降祭の日はみんな笑顔だ。お酒もたくさん飲むが、何故かお酒臭くないし、トラブルもない。それは、それぞれの神社の役員の方々、保存会の方々、婦人会の方々の受け継いで来た規律や想いがあるからこそ。そういうのを、うちらが、きちんと受け継いでいかなくてはいけないんだなぁと思う。

何と言うか、ワタシが変な(笑)ROCKバンドにハマったのを、早いうちにすんなり受け入れてくれた両親だが、ライブの感覚と祭りは、きっと脳内分泌エキスが同じだと断言する。
色々な体の内に溜まりに溜まった毒を一気に浄化してくれる、そんな瞬間が同じにあるのだ。

今年も、茅ヶ崎の神様達は、11月(神無月)の八百万の神様が集まる時に、自慢してくれる、そんなお祭りになったと   願う。









スポンサーサイト
19:39  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

お疲れさま!

浜降祭お疲れさま~
今年こそは(見に行くぞ)!!って思ってたのに、結局行けずじまい(:_;)

しかーし
前日の夕方から当日の朝方まで鳴り響いていた町内のドンドコピーヒャラを聞いて遣り遂げた感はあります!
shibaco |  2008.07.23(水) 22:49 | URL |  【編集】

No title

ありがとう☆
shibacoさん家あたりは上赤かな?あの辺の神社も雰囲気があって好きです。
しかし、この歳になると徹夜はキツい…。でも寝てしまうと起きれない…終った後は屍のようです。
ライアー* |  2008.07.24(木) 12:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://viablescar.blog95.fc2.com/tb.php/30-35f0685a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。