スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

目の錯覚

2010.03.31 (Wed)

部屋のすみ


静かに何かが動いてる



目の端に写るそれを
しっかり見ないようにする
もしかしたら本当は
見えてはいけないものかもしれないから


人は真実を見失う事はあっても
きちんと頭じゃわかってる

見たいもの
見えないものを
選ぶ事だってできる




この部屋は
時々何かが一人事を言ったりする




DSCN5062_convert_20100331183614.jpg



あ、

たぶん猫。



DSCN5037_convert_20100331184151.jpg
「おかあちゃん あのね ちっさいくもがおるよ」



猫にすら見えない事もあります。






明日、明後日と仕事でお台場に行って来ますので
更新お休みかもしれません。
スポンサーサイト
18:43  |   |  Trackback(0)  |  Comment(6)

味覚なし

2010.03.30 (Tue)

ぶえ

ぶええ

はあぶえ



そんな感じです。
鼻が詰まって垂れて息ができません。



DSCN5057_convert_20100330185732.jpg
「うわ なにこれ!!ぐええ~」


頂き物のデコポン食べて
ビタミン取って
本当は寝るのが1番

でもついつい起きて
絵を描いてしまうのです。



DSCN5052_convert_20100330190008.jpg



少し横になって
ガズーの頭越しに外を見る



空はもう春色なのに
風はもう春のニオイなのに
誰かがまだ遅刻している

そんな空気




ガズーが一緒に寝ようと言ってくる

寝ぼけまなこで言ってくる




DSCN5054_convert_20100330190255.jpg
「くっつけば春あるここに」



19:07  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

風邪です(断言)

2010.03.29 (Mon)

鼻水が詰まって垂れて
風邪をひきました。
まわりの大人が嬉しそうに「花粉症だ」と言いますが


風邪ですから。
絶対風邪ですから。

花粉症の人は仲間が増えると
嬉しそう
一緒に泣こうと嬉しそう



でもこれは風邪です。


お花見行って
春のニオイがした気がしましたが

今日はずいぶん高いお空で風がふく



DSCN5032_convert_20100329172447.jpg
((何度も言いますが歪みは気のせいです。))
((8キロは積載範囲内だと思われます。))




もうすぐ4月
なのに冬の音がする



DSCN5034_convert_20100329172819.jpg

DSCN5033_convert_20100329173140.jpg



ガズーはタワーのてっぺんに登って
カーテンの隙間からお外を見るのが好き。

もっともっととカーテンを引っ張るので
レールから外してしまいます。
マメに直すのですが、時々ふと外から我が家を見ると
ボロ屋敷の装丁に。
我ながらビックリします。



17:38  |  愚報告  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

おしゃべりな男

2010.03.28 (Sun)

DSCN4996_convert_20100328162218.jpg
「だからさ、ちがうんだよね、たぶんね、
ボクのうではね、もう骨折してるんだと思うんだ。
きっとね、傷もね、後がのこるんだよ。
でもさ、ほくとのけんみたいでかっこいいよね?
ボクはさ、家の中がいやなんじゃなくって、出たい時に出たいんだよね。
その違い、わかる?
外が好きってだけじゃなくってさ。
出るのが好き?って言うのかな?
んでもさ、やっぱご飯は食べたいから、とおちゃんかあちゃんには会いたいし。
ボクこれでもけっこう気をつかってるつもりだよ?」




我が家の新顔の加湿器の前にて。



ストレスから来る夜鳴き
とすぐに気がつきましたので
怪我の経過を看て外に出してあげたら
ピタッと止まりました。

何かを訴えるような大きな声で鳴く
独り言のような小さな声で鳴くを繰り返すのです。
一晩中ですから、
1時間半毎に起こされていました。(赤ん坊かっつーの。)
(大きな声の時に起きるので、小さな声ではずっと鳴いていた
ようです。)


もともと先代ポルやカツはまったく鳴かない猫で、
年に一度のワクチン日が奇跡の声を聞ける日でした。

そんなでしたので、ガズーですら
よくしゃべるヤツだなあ~と
感じていたのですが、
サンはその上を行くようです。
それにしても今回の怪我のストレス鳴きは特別でした。



DSCN5025_convert_20100328163936.jpg


外に遊びに行けたら
ストレスフリー。

まったく鳴かず。



DSCN5044_convert_20100328165437.jpg



よくしゃべる子
無口な子

その子の育った環境や人間関係
それらの中でたくさんの個体差はあれど
ストレスからのおしゃべりは
とても悲しい声。


声に出さなくたって

目と目で通じ合う
そういう仲になりたいの。






16:58  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

魅惑の領域

2010.03.26 (Fri)

きょおはライアー誕生日~

魅惑の領域、30代に突入です。
29はもうさんざん過酷な一年でしたので
もう後は上がるのみ。
未来は明るい。
いざ参らん。



DSCN5067_convert_20100326191953.jpg



相方がお花見に連れ出してくれました。

桜は三分咲き。
満開もステキだけれど
これくらいが今のワタシにはちょうどいい。
花見の人もまだ少なく
ゆっくりゆっくり桜が弾け咲く音に
耳をすませば

ずいぶんと疲れていた自分に気づきます。



DSCN5078_convert_20100326192346.jpg

ごめんね相方

ありがとう相方

DSCN5076_convert_20100326192512.jpg



じたばたして
ガチガチになって
疲れて
泣いて

心が苔むしていく
それをそっと静かに相方が
はがしてくれているのを
ワタシは気がつかないで
いつも戦闘態勢



DSCN5075_convert_20100326192915.jpg



青空にこぶしが満開

大地にレンギョウが満開

木陰にシャクナゲが満開



DSCN5071_convert_20100326193122.jpg

DSCN5079_convert_20100326193226.jpg





ガズーも満開

サンも満開


そんな部屋を作っていきたい

それがライアーの誕生日でした。

19:41  |  風景  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

野良の血

2010.03.25 (Thu)

我が家はまたひと騒動


サンの望みを叶える
と言う事は
事故、喧嘩、怪我、そして帰らない
それらの最悪のケースを覚悟しなくてはなりません。

覚悟を決めたとたん
サンが怪我をして帰って来ました。


結果としては大した怪我ではありませんでした。
どうやら首輪が何処かに引っかかってしまったようで
パニックを起こしたようでした。
喧嘩の傷とは違う浅い傷でした。
夜中に病院に飛び込み大騒ぎをしていたのは
人間だけ。
当のサンはビッコをひいているにもかかわらず
外に出せーと夜中泣き続けます。
サンより先にワタシが倒れる自信があります。



DSCN5039_convert_20100325174929.jpg
「ぼくの腕はもうダメですのです。」

「いやいや…骨も折れてないしヒビもなし、
血液検査もすべて完璧ですから。」



今回、FIVによる貧血を起こして以来、
付きっきりで看病して来ましたが
それに反比例するように
サンのワタシ達への信頼度がなくなって来ています。
家にいれば安心して眠れる場所であるはずが
ワタシ達の僅かな動きにも
恐がるようになってしまったのです。



怪我の事で病院に行き、
先生とも今回はずいぶんと長い時間をかけて
話し合いが出来ました。

猫それぞれの性格、
サンの性格、
医学的に見たサンの体質、
体調、


サンはとても強い子だと言う事はハッキリとしました。
((少し血の気が多い位だそうです。))


これから頑張らなくてはいけないのは
ワタシ達の方です。
理屈と理想と現実と世論と常識と価値観と
そしてサンの理想と

彼の望みは
野良の血がそうさせる
強い野望なのかもしれません。




先生が最後に言った一言

「帰れる家がある
そうサン自身が思える関係が
強い子にさせているんでしょうね」



DSCN5040_convert_20100325180314.jpg



人間はすぐに支配しようとしてしまいます。

それは
サーカスのトラだったり
ゾウだったり…
彼らが少し歯を立てれば
すぐに死んでしまう人間。
頭を使って支配した気分に浸るのです。

それでもやっぱり


ワタシはサンには勝てないなと
思うのです。
18:06  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

花春ここに

2010.03.22 (Mon)

雲南黄梅

ネメシア

水仙



実家の庭が賑やかになって来ていました
((写真がなくてすみません))


見上げる空はまだ低く
うす雲が覆っている春の午後
それでも暖かい陽がここまで届く

「少し暑い位だね ガズー」



DSCN5047_convert_20100322174914.jpg



サンはお外で遊び惚けて帰宅が遅く
ガズーは春眠に忙しい
我が家はずいぶん静かな週末でした



DSCN5049_convert_20100322175111.jpg



またこの寝姿の季節です





モクレン

ミモザ



母の1番のお気に入り 日向水木

少し出かけるにもカメラが必要な
賑やかな春が来ました。
17:53  |   |  Trackback(0)  |  Comment(6)

突風に乗って

2010.03.21 (Sun)

昨日からの嵐

風は低く 高く 

砂を巻き上げて 落として

風に乗って先代ポルが舞い降りる



はじまったよ
ねえちゃんの自分脅迫
サンダース、こうなったねえちゃんは1番怖いんだ
ガズークス、しっかりしな




ポルが大声で窓を叩いて怒鳴っている



ねえちゃんがキレた
ねえちゃんが戦いに行く
ワクワクするね




DSCN2613_convert_20100321174208.jpg



海辺の町湘南は
こんな日は砂嵐
自転車も錆びる
窓も錆びる

油をさす
1番安い油をさす

自分に
ガズークスに
サンダースに



DSCN5028_convert_20100321173730.jpg

DSCN5046_convert_20100321174352.jpg



まだまだ子供の二人は夢の中



17:46  |  お天気猫  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

神様のダイス

2010.03.20 (Sat)

皆様、サンの病気FIVの事では大変ご心配ご迷惑おかけしました。
ワタシ自身、正直、つい昨年、
先代のポルを同じ病気で亡くしたばかりで
神様はなにを考えているんだろうか
きっとワタシが真面目じゃないからだ
ワタシが悪い人間だから
試練をサンがかぶっちゃったんだ
ワタシがもっと働き者でもっと真剣でもっと誠実に
生きてればこんな事にならなかったんだ

そう思いました。
我が家は貧乏で(笑)まあ今の日本の経済事情を体現したような
環境でして、それでもガズーとサンをひもじい思いをさせない事は
出来るわけですが、
きっと神様はそんなワタシを見ていたんだと思います。
だからワタシは頑張ります。
もっと頑張ります。
ワタシのヒーラーさんに「”頑張る”は禁句」と言われましたが
言います。(笑)頑張ります。
先代ポルに恥じない猫生を送らせましょうぞ!!



DSCN5024_convert_20100320184703.jpg



それにしても
本日の湘南、突風が吹き荒れております。
嵐ですよ。
家ごと飛んで行っちゃうんじゃないかと…


18:49  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

おすみつき

2010.03.19 (Fri)

先程サンの病院に行って来ました。
血液検査の数値は完璧、
全快のおすみつきをいただけました。

ステロイドも半分に減らし
あと1ヶ月を目処になくす事ができそうです。




しかし
サン様
さすがに怒り心頭
コタツ布団におぴっこをまき散らし
現在洗濯機がフル回転しております。
かなりご機嫌もナナメな様子ですので
明日皆様の所にはゆっくりおじゃまさせて頂きたいです。
その旨どうぞご了承くださいませ。



DSCN5022_convert_20100319195327.jpg


ほらね、サン、
こうしてかあちゃんの手を離さなければ
大丈夫って言ったでしょ?
19:54  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

有力な猫材

2010.03.17 (Wed)

人間は二人
手は一人二つ

ならばこんなにもいらないはずの
食器達



小さな食器棚が気がつくと満杯に
突如思い立って掃除を始めたのは夜でした。



DSCN4999_convert_20100317182426.jpg
「ならばてつだいましょうぞ」



何かを始めると必ずやってくる

もう一つの手
しかも四本も



人の動きを先読みしては回り込む
その能力、人間だったら職場に一人は欲しい人材です。



DSCN5001_convert_20100317182817.jpg
「それではえんりょしてここで寝ます」



何かを始めると必ず去って行く

彼の場合



この後片付けたい場所に先回り

そのニブさ、人間だったら職場にいたら困る人材です。
18:31  |   |  Trackback(0)  |  Comment(8)

ぽかぽかぽか

2010.03.16 (Tue)

ぽかぽか


さんさん


まぶしいお日様が

ぽかぽか降りて来る



DSCN4986_convert_20100316204009.jpg



これぐらいがちょうどいい
なのにきっと
お日様はギラギラになってくる





ここしばらくサンの病状にかかりっきりでした。
その中でガズーはヤキモチも焼く事なく
1番にサンの側にいました。

ガズーとサンの関係は
付かず離れず

一緒に寝る事もないし
じゃれ合う事もなく
毛繕いもしません。

それでも



サンの言葉を1番聞いていたのもガズー。




DSCN4987_convert_20100316204805.jpg


サンがいなくても寂しくないけど

サンがいても嫌じゃないけど



楽しくない空気は嫌い



だから笑って
ぽかぽかのお日様の中
楽しい言葉で
楽しいお話をしようよと


ガズーが教えてくれました。




20:52  |  お天気猫  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

再三の家出

2010.03.15 (Mon)

今日も湘南は晴天

気持ちの良い風が吹く



サンはやっぱりお外が好き



DSCN5015_convert_20100315181223.jpg



サンは我が家の裏で産まれた子
立派な生粋の野良母に
立派に育てられ
その母に連れられ我が保育園に入園

母猫は
「よろしくお願いします」
とだけ言って去っていったのが秋

時間をかけて人への猜疑心を無くして来たものの


ガズーと何が違うの?
何がそうさせるの?


どんなに人を好きになっても
どんなに快適な部屋を用意しても
外に出ると言う



DSCN5014_convert_20100315182156.jpg



色々な価値観
色々な関係
色々な解釈

その中で
ワタシにはサンから外を取り上げる事が出来ないでいます。

そんなの猫の為にならない
と怒る方もいらっしゃるでしょうね

でも
きっとどんなにサンの言葉に耳を傾けても
どんなに猫の為を思っても
それは人間のエゴにしかならないのなら
そしてどんな方法でも後悔はするのなら
『今』精一杯幸せな顔をさせてあげたい。
猫はいかなる時も自分で己の生きる道を選びます。
その中で折り合いを付けて行きます。
それを一緒に支えて行くのが
ワタシの役目なんじゃなかと思うのです。



楽しそうに外から帰って来て
ガズーにたくさんお話をします。
それを楽しそうにガズーは聞きます。

それが我が家。
18:36  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

経過報告

2010.03.14 (Sun)

1日目:いつものように外から帰宅
   
2日目:動きが緩慢な事に気づく
    食欲がない 発熱 吐く
    そのまま病院へ
    
    FIVによる自己免疫性溶血性貧血と判明 入院
    脱水も少しあったため点滴とステロイドの投入 

3日目:ステロイドが効き食欲が戻る
    熱も下がり ケージの中で文句が出始める
    血液検査により数値が戻って来ている事が判明
    ストレスを与えないため退院
    退院にて経過様子見 ステロイドは並行して投入

4日目:血液検査により数値が急激に復活
    ステロイドの影響が多少出ているものの
    貧血、脱水ともに安定
    続けて自宅での経過様子見 ステロイドは並行して投入

5日目:暴走開始
    ケージに恐怖し3mの大ジャンプ
    二度目の大ジャンプはおぴっこをまき散らしながらの悲惨な現場に
    通院は見送り
    (むしろドクターストップ)

。。。。。。


8日目:洗濯ネット発動 ネットにてケージに入れられ病院へ
    あまりの暴走ぶりに後ろ足からの採血に変更
    血液検査の結果 数値が完全とは言えないがほぼ安定
    残るはステロイドの影響のみ

9日目:再度暴走にて家出
    30分で戻る



DSCN5020_convert_20100314164614.jpg



今現在はステロイドのみの投薬になっています。
今後だいだい1週間ずつ経過を見ながら最終的に薬をカットする予定です。

2日目の段階では免疫抑制剤の投薬も可能性にありましたが、
ありがたい事に半日で薬が効き安定したので免れました。
最終的には輸血も考えなければならない状態だったのに、
あっという間に治してくれたのは
言うまでもなくサン自身の力です。

何よりストレスを貯めさせない事が
1番の薬。

大好きなお外に出る為にサンは『今』を生きている。

少し先の事も考えられる人間は
そんなサンの未来のために生きている。



DSCN5029_convert_20100314165951.jpg




だからどうか
お外に出たいって
声が枯れるまで泣かないで



DSCN5018_convert_20100314170306.jpg
「うっっるさいんだよ~~!!」
17:04  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

サンから一言

2010.03.13 (Sat)

DSCN5031_convert_20100313181745.jpg




「みなさまたくさん頑張って言ってくれてありがとうございました。
ボクは元気になりました。
ちょっとお熱が出ただけなのに
おとうちゃんとおかあちゃんはすっごく心配しました。
病院は怖かったのでこれからは
あの小さいバックの中でおちっこをする事に決めました。
ガズーにいちゃんは良い子だねって言ってくれました。
今ボクのうでにはおハゲがあります。
お注射の痕です。
おとうちゃんが男のくんしょうだと言いました。
くんしょうはおいしくはありません。
でもこれからはお熱が出てもばれないように頑張ります。
だって病院は怖いです。
お薬もボクにはすぐわかります。
すごいでしょ?」


18:29  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

サン頑張る

2010.03.11 (Thu)

ご心配おかけしました
サン復活です。


暖かいお言葉をくださった皆様、
本当にありがとうございます。
まとめてのお返事、大変もうしわけないのですが
お一人お一人に何と感謝の思いを言葉にしたらいいのか
至らぬワタシには見つける事ができませんでした。
ただただ、
ありがとうございます
その一言しか出てきません。
とても勇気づけられ、とても励まされ、
そしてとてもとても嬉しかったです。
辛かった事など思い出させてしまいましたら、
なんと謝罪したらいいのかわかりません。
しかし諸先輩方の経験からの含蓄在るお言葉の重みには
どれだけ勇気を貰ったか言葉には表せません。
もし弱音を吐きたくなったら聞いてもらえる人がいる…
そう思える事がどんなに強い力になるか
感謝の気持ちでいっぱいです。

サンの病気は完治する物ではありません。
これから先、発病する度に辛い戦いがあると思われます。
ワタシ達が出来る事はとても限られています。
出来る事は全てしてあげたい思いではありますが
何よりも
サン自身が望む事を第一優先に叶えてあげたい、
そう思っています。




そして今回、
誰よりも頼りになったのは
ガズーでした。
夜中にサンが小さな声で鳴いても1番に飛び起きて
面倒を見たのはガズーでした。
ガズーには頭があがりません。
ガズーへの感染は大丈夫です。
しかし今まで以上にこれからも気をつけなければと引き締めております。


本当に皆様ありがとうございます。
これからゆっくり、通常更新に復帰します。

しかし……薬を拒否して暴れるサンは…猫ではなく猛獣です。
3m飛びました。
多分、病気なはずですが
3m飛ぶんです。

18:01  |  サンの病気  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

人生の色

2010.03.07 (Sun)

更新が遅くなりました。



実は先日、あんなサンの記事を書いた夜
サンの容態が急変しました。
猫エイズによる自己免疫性溶血性貧血と言う事でした。

エイズキャリアである事は親猫が野良なので可能性は充分ありましたし
その為にガズーへの対応も出来る事はやってきたつもりです。

猫エイズという病気は実家のポルの時からの付き合いです。
怖い病気ではない事、
いくらでも戦える事、
わかっていても
何故こんなに小さい子に…
そう思うとやりきれない思いでいっぱいです。
やっとワタシ自身が腹をくくれましたのでブログに書く事ができます。




今日、無事退院しました。
これから通院にて本格的に戦って行きます。


とは言え…


当の本人はステロイドが効き元気爆発、
ご飯をモリモリ食べ
現在お外に行くと駄々をこねております。

早めの対応が出来ていますのでしばらく通院し、
最初の段階でとことん向き合って戦う方針です。
ガズーは大丈夫です。



とにもかくにもサンは頑張ってます。



DSCN4941_convert_20100307162517.jpg







1週間は徹底的にやっつけるので更新が不定期になってしまうかもしれません。

後日ゆっくり皆様の所にお邪魔させて頂きたいです。
ご了承くださいませ。

16:30  |   |  Trackback(0)  |  Comment(4)

自己アピール

2010.03.04 (Thu)

ボクは2番

ガズーにいちゃんが1番

すこし余ったら
ボクは貰える

もしかしたら貰えない時もあるかもしれない



ボクは2番

ガズーにいちゃんが1番

欲しくても
じっとがまん

しなくちゃいけない時もある




と思ってた



DSCN5007_convert_20100304181853.jpg



最近サンダースが自己主張するように
なってきました。

なんと
『割り込み』
が出来るようになってきたのです。
ガズーを撫でていると突撃して来るのです。
側で順番を待つ事もできるのですが
イジイジしてがまん出来なくなって
突撃。
いままで遠慮がちにしていたのから
大きな成長です。



DSCN5011_convert_20100304182501.jpg



はじき飛ばされたガズーは
しょうがないなあ
と言う顔をして譲ります。

もともとヤキモチを焼かないのもありますが、
ガズーにとって大切な時間、
それをサンが邪魔する事は決してないのです。


ガズーとサンの本来の性格もあると思いますが

サンの空気を読む力は
大きいと思います。

それはきっと野良の血。
生き抜く力。


それに抗うように
自己の欲求が勝って行く
ワガママになっていく
そんなサンを見るのがなんとも嬉しいのです。

18:34  |   |  Trackback(0)  |  Comment(1)

お見送り

2010.03.03 (Wed)

今日はライアー
めずらしく夜出勤。





「行って来るね」

「ハイハイいってらっさい」



DSCN4970_convert_20100303111800.jpg



寂しがる時と
どうでもいい時のこの落差


いつもいつも大騒ぎで寂しがられても
ライアー仕事に行けなくて
困るけど



DSCN4969_convert_20100303112006.jpg



もう少し
出て来て言って欲しいです。









すみません今日は夜出勤なので皆様の所には明日お邪魔します。
行って来ます~
11:23  |   |  Trackback(0)  |  Comment(2)

冬の入り口

2010.03.02 (Tue)

ぽかぽか

ぬくぬく



どこか遠くへ行ってしまった春



DSCN4981_convert_20100302195115.jpg



そんな目で見たって
かあちゃんだって困るもん

壊れたストーブは修理して使うと決めました。
電器屋さんと相談して今年の秋まで
寝かせておく事に。
だから後少し
苦手なエアコンとお付き合い。




あまり熱がらないと思っていたら
どうやら足の裏の毛が長い子は
どこかに暑い国の猫の血が入っているのだとか。

熱い地面を歩いても平気なように。

でもガズーはそんなに寒がりもしない……



たぶん頭の中は
暑かろうが
寒かろうが
かあちゃんが直す

と思っています



DSCN4921_convert_20100302200853.jpg


サンもあまり寒がらない

と言うか…



太陽求めてお昼寝、
まぶしくないの?
20:10  |  お天気猫  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。