スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

forever

2008.11.30 (Sun)

先日は友人の結婚式でした。ずっとずっと楽しみにしていた結婚式、あっという間に終ってしまいました。こんなにも無条件で無垢で無意識に笑顔になれる空間はそうなかなかないです。
ワタシは基本的に”結婚式”が涙のピークです。入場のシーンが一番きます。あの瞬間は、いつもの友人じゃない花嫁としての友人とその美しさと厳粛な空気にやられます。”披露宴”は楽しむので”感謝の手紙”攻撃でも泣きません。たぶん。
友人の結婚と言うのは、どうしてこんなにも心臓を鷲掴みにしてくれるのでしょうか。



      DSCN2042_convert_20081130190819.jpg

      DSCN2098_convert_20081130191015.jpg



幸せになって欲しい。友人のあの式の瞬間の笑顔を、一生守って欲しい。

お願いしますね 旦那さん!!!



スポンサーサイト
19:16  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新しい基地

2008.11.27 (Thu)

最近ガズーが押し入れに入るのがブームになってしまった。もっとずっと小さな頃、兄弟のゆうながよく押し入れの中に入ってはおそそうをしていた(わざと…?)ので我が家では禁止区域でした。と言うか、収納の少ない我が家では夏場は押し入れの中はみっちり物が入っていて入る隙間なんてありませんでした。それが最近、こたつが出たり冬場のおふとんが出たりで格好の探検区域に。



      DSCN1973_convert_20081127182339.jpg
「いざ!! ひきょうの地へ!!」



いたずらする訳ではないのでいいんですが……最近ガズーの顔をあまり見ない気が…



今日は雨が降ったり止んだりでかなり冷え込みました。外の段ボールハウスでも、サンダースが丸まっています。昨日、ワタシの部屋履きようの毛糸靴下の穴の空いてしまった物を二足、入れてあげました。(臭くないはず…。)本当はお母さん猫のヘンリーも来て、一緒に入ってくれると一番温かいはずなんですがなかなか来てくれません。



      DSCN1946_convert_20081127183554.jpg
「ぼくのにおいもつけておいた」



自分の箱形のクッションハウスにも入らないのに、2千円のクッションベッドにも寝ないのに(←根に持っている)、サンダースの為に薬局で貰って来た段ボールは好きなようです。



      DSCN1945_convert_20081127184014.jpg
「さいこうだね この寝心地!!」



お母さん猫のヘンリーは触らせてはくれませんが、サンダースがワタシ達に懐くのは許してくれているようです。相方は、か弱いイメージの小さなメス猫ヘンリーにメロメロです。たまにヘンリーが来ると顔をふにゃふにゃにして喜びます。普段、どでかいガズーを見慣れていると余計にメス猫が小さく感じるようです。ポルおばさんも去勢しているので大きいメス猫なので余計に。。。
18:47  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

グランドキャニオン

2008.11.25 (Tue)

先日は天気予報どうりお昼から雨、雨、あめ。久々に本格的に降りました。

そんな中、藤沢のマイナーな土地にある有名な高級料亭「隠れ里 車屋」に行って来ました。もちろんスポンサー付き。自腹でだって正直、自分の外食費に5千円以上かけたことはありません。



      DSCN2014_convert_20081125170214.jpg



この歳にして初めてこんなに高い料理食べました。
自分が自分で食べた食事の中での今までの最高金額は鎌倉の天ぷら屋さんのコース3000円でしょうか。ちなみに3千円から。一番下のコースです。(貧乏自慢かっ
相方は隣で一言……

「こんなグランドキャニオンみたいな肉、食ったことない…」

二度と食べられないかもしれないので味わって食べました。良いお肉はレアに限ります。



      DSCN1958_convert_20081125171336.jpg
「……………いいにおいする」



お留守番ガズー、最近、機嫌が悪い時はこんな風な顔をするようになりました。眉間にもとから縦に模様は入っていますが、よけいに眉間にしわを寄せてブスッチョ面します。

「え、エライなぁ~たくさんお水飲んで!!」

「ふんっ たのしい思いしてきたくせに!!」

17:19  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あったかいは幸せ

2008.11.23 (Sun)

寒がりなワタシは朝と夜は手袋が欲しい位になりました。部屋の中では靴下はもこもこのあったかいヤツを相方に買ってもらいヘビロテです。今からこんなで真冬はどうするつもりか自分でもわかりません。
最近ガズーは夜ワタシ達が布団に入るとやって来て一緒のベッドで寝るようになりました。



      DSC_0402_convert_20081123173818.jpg

ぶぶう…プスー…ぶぶう…プスー


と喉と一緒に鼻も鳴ってしまいます。



ありがたい事に我が家は日当り良好なので、昼間は閉め切っているとまだまだ暖房いらずです。なので夜もガズーは布団の中には入って来ません。親子3人川の字になって寝るのが夢ですが、何故か我が家は 『 H 』 の字。なんだか嫌だなぁ…
ガズーが縦ではなく横になって、ワタシか相方に寄りかかって寝るから 『 H 』の字になってしまいます。体重が重いせいかただ寝ているだけでガズーにお布団を持っていかれます。寝返りをうつと端から足が出てしまいます。人間は寒いのを我慢です。



      DSC_0411_convert_20081123175348.jpg



かと思うと床でも寝ます。
人間が寝る、と言うのはわかるようで必ず一緒にベッドにあがります。『人間と一緒はあったかくて幸せ』は、ガズーにはあまり重要ではなさそうです。『寒くても側ならいい』なのか『まだそんなに寒くない』なのか…。

一方、まだ野良ちゃんのサンダースに相方が段ボールハウスを作ってあげました。表札付きです。気に入ってくれたようでほぼ1日中入っているようです。病院、連れて行きたいなぁ…。



      DSCN2001_convert_20081123180538.jpg



明日は雨だそうです。
でも大丈夫、段ボールハウスはビニールカバー、中にはマットと相方の古いTシャツ入りです。
18:09  |   |  Trackback(0)  |  Comment(3)

慣れている人

2008.11.22 (Sat)

だいたい猫に慣れている人というのは初対面でわかります。そしてガズーもそれは感じ取るようです。
猫に慣れていない人は猫を触らなくても、猫がいる同じ空間にいる段階でぎこちなさがヒシヒシ伝わって来ます。猫が嫌い、とはちょっと違います。どう接していいのかわからない人は結構います。

ガズーの場合、「慣れている人」には冷たい態度。
「慣れていない人」にはしつこくアピールします。



      DSCN1940_convert_20081122171843.jpg
「ううっ…ゆうなのおかあちゃんの抱っこ…きらい…」
ゆうな母「うひょひょひょひょ」



当然、ワタシの妹、”ゆうなのお母ちゃん”は猫マスターです。だから容赦ないです。
こんな変な抱き方でも、慣れている人がする変な抱き方と慣れていない人がする変な抱き方は抱かれている猫も違いがわかるようです。



      DSCN1941_convert_20081122172555.jpg
「あのね、おばちゃん、この抱っこ 好きじゃないの」



猫に好かれる為には、大きい音を出さない事や暴れたり大声で話したりしない、そして猫に無理強いをしない事が大切です。
でも猫を思いっきり人間の思うままに愛でたい時もあります。
そんな時、猫が嫌がる限度を守れると言う事が重要なのです。猫が”イヤダ”と言っているのに言う事を聞いてあげなかったり、暴れて逃げようとしているのに捕まえて放さなかったりしたら一発で嫌われます。



      DSCN1943_convert_20081122173134.jpg
「お母ちゃん!!笑ってないで おばちゃんにおろしてって言って!!」



ガズーは本当にのんびりした子ですが、さずがにしばらくこんな扱いを受けると「うんにや~~」と抗議の声をあげます。ちっさい声で。(笑)


その前に妹が 「だあああっ!!信じらんない、重すぎッ!!」 とギブアップしますが。

17:38  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

盗み聞き

2008.11.21 (Fri)

猫は自分の悪口だけはよくわかる。実家のポルなんかは、自分の話が話題に上がっているとたいていものすごい視線で遠くのほうからジトッと見ていたりして、それが想像以上に怖かったりしました。逆に良い話題の時は誇らしげに鼻高々に聞き入っていたりします。特別ポルにたいして「カワイイね~」なんて言った記憶はないのですが(キレイだねとはよく褒めましたが、カワイイ性格では決してないのです。)TVなどを見ていてカワイイ動物なんかが出て来たりして「カワイイ!!」と騒ぐと自分の話だと思ってこっちを見ていました。



      DSCN1923_convert_20081121205014.jpg
「ぼくの話してる…」

ガズーに困らされる事やいたずらされる事があまりないので、悪口を言う事はあまりありませんが、それでも言葉選びには気をつけています。



      DSCN1964_convert_20081121205354.jpg
「おはなししよう かあちゃん」



よくガズーは話かけてくるので、その時も優しくおしゃべりします。
でも、ガズーがむぎと一緒にいる時や網戸ごしにサンダースといる時、何故か人間の悪口を言われているような気がする時が時々あります。

人間も猫のように(都合良く)聞ける耳が必要だな…なんて思います。
20:57  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋の遠足

2008.11.20 (Thu)

湘南も先日から12月中旬なみの寒さが来ました。寒いのは好きです。寒くなって、コタツを出したり膝掛けを出したりストーブを出したり厚手の布団や毛布を出したりして、「あったかいね」と言うのが好きです。



      DSCN1925_convert_20081120171356.jpg
「ぼくが走るとカバーがずれちゃうっておかあちゃんが困ってます」



ガズーの体重のせいでしょうか…二重にしてあるカーペットが、ガズーが走るとずれます。それを足で直すのが日に何度もあります。



      DSCN1993_convert_20081120171817.jpg



今日は相方もお休みで、あまりにも天気が良過ぎたので出かけないわけにはいきません。秋の遠足で車で30分程の里山公園に行きました。ぽかぽかの陽だまりの中お弁当を広げてくつろぐ予定が、あまりにも冷たい風で即退却となりました。急に寒くなったのでまだ寒さになれていませんでした。
すごすごと帰る途中、公園でボストンテリアが飼い主さんと楽しそうにキャッチボールをしていて、その横をボーダーコリーを連れたご夫婦が通りかかりました。この公園はオフリードは許可されていませんが、ボストンテリアはオフリードになっていて、おりこうさんなのかな?と見ていたら、一目散にボーダーコリーにケンカをしかけてしまいました。ボーダーコリーはおとなしい子でケンカにはなりませんでしたが、慌てたのは飼い主さん達で走り回るボストンテリアは捕まらないし噛み付こうとするしで結果、怒ったボーダーコリーの飼い主さんがボストンテリアを蹴り上げるしまつ。それでもめげないボストンテリア。最後はなんとかボストンテリアを捕獲できたようでしたが…なんとも言えない空気でした。ワタシは犬を飼った経験がないのですが、相方の実家のゴールデンとよく散歩に出かけます。湘南にはまだまだドックランも少なく、犬達がのびのびと遊べる場所はあまりありません。もっと増えればいいのになとも思いますし、それと同時にその中で遊ぶにはもっと人間も勉強が必要で犬を理解し飼い主だけでなく相手の飼い主さんもきちんと理解できていなければならないわけで……きっとボストンテリアの飼い主さんも犬をのびのびと遊ばせてあげたい気持ちだったとは思います。しかし結局の所、そういったトラブルがあるが為にオフリードが禁止されるわけで…果ては犬の入園禁止なんて公園も出てくるわけですよね…。それはやはり犬の気性の把握不足、と言う事でしょうか?
なんだかワタシは、ルールを守って散歩していたボーダーコリーの飼い主さんが怒った気持ちも、犬を楽しませたいと思っていたであろうボストンテリアの飼い主さんの気持ちも、両方わかるような気がして複雑な思いでした。自分自身が犬を実際飼っていないぶん余計に想像で、大変だなぁという思いが強くなってしまうのでした。犬も猫も、みんなが幸せで楽しく過ごせる環境作りと言うのは自分一人が勉強して頑張るだけではなく、そこからまた広がって行く事が大切なんだなと思いました。

そんな悲しい遠足。



      DSCN1997_convert_20081120174336.jpg

肝心の紅葉は…かえでだけ。微妙!って所でしょうか。



      DSCN1926_convert_20081120174839.jpg
「うふふ」

犬も大好きだけど…猫はやっぱり一緒にいると”楽”です。
17:58  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

過去の幻覚 1

2008.11.19 (Wed)

今日は過去に撮ったガズーの写真を載せたいと思います。最近忙しくてゆっくり写真が撮れないのです。それと、このブログを始める前にかなりの写真を撮っていたので小さなガズーを公開です。



      DSCN0524_convert_20081119171041.jpg

膝に乗り切れる頃もあったんだなぁ…今じゃ確実にはみ出します。そして当の本人もはみ出して落っこちてしまう自分の体や脚にイライラします。そしてキッとワタシをにらみ、「おとさないで!!」と言います。………かあちゃんはこれ以上、太い脚になりたくありません。



ビフォアー
      DSCN0415_convert_20081119171650.jpg

アフター
      DSCN0714_convert_20081119172228.jpg

こ…これは…飼い主じゃなくてもショッキングな対比でした。



また『過去の幻覚』シリーズします。
17:24  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

気分による

2008.11.18 (Tue)

猫のブームと言うのは先が読めない。寒くなっても相変わらずクッションベッドは使ってくれない。点々と部屋の中、ガズーが寝転ぶ場所に移動しています。

一方、むぎ家では今日、飼い主の父ちゃんがむぎベッドを制作したらしい。
写メールが送られて来ましたが、むぎ父ちゃんは本当に器用な人でド派手なベッドが作られたようです。ドーム型になったカラフルなベッドに『M U G I』の名前入り。お家にデッキを作っちゃう位(しかも素材は竹!!)器用な人です。そのうちきっとキャットタワーも流木なんかを使ってカッコイイのを作る事でしょう。

そんなむぎが我が家にお泊まりに来る度に持って来るむぎベッドが好きでよく使うガズーの為に買ったクッションベッドでした。未だ見向きもされませんが。



      DSCN0578_convert_20081118185303.jpg



最近のガズーのブーム再来は棒の先に鳥の羽のついた猫じゃらしです。
それももうすでにさんざん荒らされた後のもので、1本も毛が残っていません。先にチョチョチョっと坊主頭のような毛の残骸が残るだけです。
なぜかそんなガラクタが今はブーム。



      DSCN0608_convert_20081118190124.jpg

むぎの中には絶対”おじさん”が入っていると思います。だってお腹にチャックがあるもの。



    DSC_0330_convert_20081118190815.jpg

そろそろむぎに会いたくなって来ました。
19:09  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

漁師達の猫

2008.11.17 (Mon)

先週の事、ワタシと相方は地元の漁港にフラッと釣りに行ってみました。…釣れないんですけどね、地元の漁港は。



      DSCN1900_convert_20081117172201.jpg



予想どうりあまり釣れなかったわけですが、今回はギャラリーがいたので頑張りました。



      DSCN1902_convert_20081117172405.jpg
「期待しないで待ってるよ。」



何でも食べるかと言うとそういう訳でもなく、釣れた魚にケチをつける猫でした。
どこの漁港にも必ず猫はいますが、一体寝場所はどこにあるのでしょうか。



      DSCN1896_convert_20081117172649.jpg
「あんまり上手じゃなさそうだなぁ…ターゲット間違えたかなぁ…?」

この毛並み、この体格、絶対毎日新鮮ないいお魚を食べているに違いありません。海風の寒さに耐えられるだけの脂肪はついていますね。
お魚釣ったらあげるから撫でさせて、と言ったらお断りされました。もうちょっと愛想が欲しいものです。しかし、気の荒い漁師のおじちゃんとは上手くやっているようで、釣れたての『ボラ』をゲットしていました。猫と同じ、いや、猫よりも大きいボラをくわえ引きずりテトラポットに隠れて持ち去りました。



      DSCN1901_convert_20081117173305.jpg

ちなみにワタシ達は食べられる魚は釣れませんでした。
17:34  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お兄ちゃんガズー

2008.11.15 (Sat)

最近急に寒くなって勢いよく野良猫の”サンダース”が甘えられるようになってきました。しかし窓から限定で、普通に外で会っても撫でられる距離には近づけません。野良ちゃんって難しい。
親猫の”ヘンリー”は最近ほとんど来てくれなくなってしまいました。
ヘンリーの始めの教育は野良猫然としていて、けして人間には一定の距離以上近づかない事!と教えられていたようで、なかなか信頼を得るのに時間がかかりました。

最近はいつもサンダースが一人ぽっちで我が家の窓辺でうずくまっています。
本格的に寒くなる前に我が家に迎えたい気まんまんの相方は毎日頑張っています。



      DSCN1906_convert_20081115173832.jpg




ゆうな”のお家には『家猫志望』の”キミちゃん”がいつの間にか家族の一員になりました。車通りの激しい道ばたで鳴いている所を拾ってもらい、頭の良いキミちゃんはゆうなを騙し(笑)飼い主さんを誘惑し(笑)念願の家猫になれました。
どうやらサンダースも現在、市役所に家猫申請しているようです。



      DSCN1910_convert_20081115174300.jpg



ガズーはサンダースが遊びに来ると、とっても嬉しそうです。
サンダースもガズーにシッポをピンと立ててニオイを嗅いでもらったりゴロリンしてお腹を出して甘えます。どうやら相性は良さそうです。まだまだガズーも子供なので遊びたくてしょうがないようです。病気の事などあるのでそうもいきませんが。上手くいくでしょうか。



      DSCN1909_convert_20081115174721.jpg



しかしガズーはとうちゃんとかあちゃんが独り占めできなくなる事は想像できていません。
ガズーにとって、何が一番いい方法でしょうか。
17:50  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ウニじゃない

2008.11.15 (Sat)

詳しくは 馬糞ウニ。



      DSCN1919_convert_20081115002257.jpg



ワタシはウニ、食べられませんが。
00:24  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久々の晴れ間

2008.11.13 (Thu)

今日は久々にカラッと晴れました。ガズーは最近毎日ノミ取りでブラッシングをワタシと相方2人が交代でしつこい位やるのでご機嫌です。毛がよりいっそうモッフモフのモッサモサで静電気が発生しています。



      DSCN1903_convert_20081113174234.jpg
「バッチバチ言う」             ↑ホコリ



ガズーの毛は見てのとおりこげ茶や薄い茶で口回りだけほんのり白いです。なのでしばらくは抜け毛がまったく気にならず、掃除を怠ったりもしました。実は普通に抜けているのですが、暗めの色合いの家具が多い事や電気のワット数が少し暗い設定にしてあるので気にしないとまったく目に入りません。ある昼間にふとガズーのベッドを見てビックリして以来はキチンとお掃除しています!!
それと潜るのが大好きなので目立たないからと油断しているとパンツやカットソーがいつの間にか毛まみれに…。いつ潜っているのか気がつかないうちに侵入されています。これでもワタシは一応喘息持ちなんです。まぁ…動物の毛では発作が出ないのですが。ハウスダストと気圧で発作が出ます。だからお掃除は好きなんです。



      DSCN1905_convert_20081113174813.jpg
「ブラッシングは男のみだしなみにん」



嫌がっていた細い目の櫛も毎日やるうちに慣れてくれたようです。

ガズーは自分でやる毛繕いは1回についての時間はさほど長くはありません。見ていると”えっ もうおしまい?!”って位。でもこまめにチョコチョコ何度もやります。



      DSCN1904_convert_20081113175458.jpg


ブラッシングのおかげで顔回りがよりボリューミーでまるで肉まん。
18:03  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

待つ男

2008.11.11 (Tue)

      DSCN1892_convert_20081111203652.jpg
「いいんだ…僕は待つさ…」



      DSCN1891_convert_20081111203741.jpg
「ずっと待っているさ…この高台で…君が来るのを…ずっと…」



      DSCN1888_convert_20081111203821.jpg
「アジのひらきちゃん…」



ガズーは基本的に人間が食べる物を欲しがりません。そうしつけたわけではないのですが、騒ぐ事がありません。しかし、何故か”アジのひらき”だけは大好きです。アジを焼きだすと出来上がるのをひたすら待っています。先日”まぐろのたたき丼”を作った際、喜ぶだろうなぁとまぐろを少しおすそ分けしてあげました。
………食べないでやんの!!猫じゃない~~~!!!

実家のポルとカツだったら壮絶な戦いが繰り広げられ、あげく慌てて食べて吐き戻してしまったりするようなまぐろの刺身を…ガズーは食べない!!
アジのひらきも焼いてから塩気を少し相方が抜いたものを相方から直接貰うのが好きなようで、そのまま放置してテーブルの上に置いておくと隣でひたすら待ちます。まるで鳥の餌付けです。

ワタシは魚料理の中でアジのひらきが一番好きで(簡単美味しい)、我が家の食卓にはよく登場します。ガズーも安物な舌になってしまったのでしょうか?ある意味親孝行です。(ちなみに相方が一番好きな魚料理は”金目の煮付け”です。た…高っ!!ワタシと真逆の趣向です。めったに食卓にはあがりません。)
ちょっと猫らしい所が少ない気がします。



      DSCN1886_convert_20081111203856.jpg
「いい感じに焼けてきた… 絶対焦がさないでね かあちゃん!!」

今日は純和風料理です。

21:00  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

妹作

2008.11.09 (Sun)

      DSCN1848_convert_20081109205701.jpg



超ローアングル。

妹の写真の取り方はとにかくバシバシ撮っていらないものを削除するタイプ。なのでこんな作品も…。余計太って見えます。
20:59  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋の雨

2008.11.08 (Sat)

今日は寒い雨の日となりました。野良ちゃん達は何処で寝ているのでしょうか。
だいぶ慣れてはきてくれたので、もっと寒くなって寒さに負けて部屋に侵入するくらいの度胸がついてくれたら、即、病院行きでうちの子です。
窓越しにガズーが一生懸命”遊ぼうよ!!”と誘っています。




      DSCN1865_convert_20081108212648.jpg
「あみど なんてなくなっちゃえ」



ちょっと油断するとハンモックからかなりはみ出してしまうガズー。
まだ1歳になったばかりなのですが、一体どこまで大きくなるのでしょうか??思い返せば、生後6~8ヶ月位の時に兄弟のむぎがグングン大きくなっていて、しかし我が家のガズーは少し大きくなるのが停滞してしまった時期がありました。本当はキトン用のドライフードをあげなきゃいけないのに食べたがらなくなってしまった時期で、しかたなく普通の大人用のドライフードに変えてしまったのでご飯がいけないのか、心配になった相方は病院の先生に相談したりしていたものです。その時確かに先生は笑いながら言いました。

「大丈夫、絶対大きくなる子だから。」

例えばガズーが血統書付きだったなら。メインクーンだったなら…大きくなるのは予想がつきます。しかし道ばた出身ではさっぱりどんな親なのかも検討がつきません。毛もまだのびるのかはたまたこの微妙な長さで止まるのか…。とっても明日が、明後日が、3年後が楽しみなのでした。



      DSCN1825_convert_20081108213821.jpg
「かあちゃん わるいやつ 来たらぼくやっつけるからね!!」

なんだか猫なのに頼りがいのある背中です。骨太でがっしり体型です。



そうそう、実家のポル姉さん、

      DSCN1763_convert_20081108214320.jpg
「いいじゃないのよ!!あたし病人よ!!」

「いいえダメです」


食べ過ぎで太ってしまいました。




21:47  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

安い男

2008.11.06 (Thu)

ついつい大きなホームセンターやペットショップに行くと、ガズーのオモチャを買ってしまうのですが…。ガズーも自分へのお土産はわかるようで、喜んで遊びます。

しかし、一番喜ぶのはお店で買ったオモチャではありません。

先日のベッドもまだ使ってくれていません。(号泣)

一番ガズーが嬉しいのは、人間が使っているものを貰う事です。

オモチャの場合、新聞をまとめるのに使うビニールひも。これを貰うと大ハッスル。ちなみにベッドは使う事なく、先日ついに解禁されたこたつ(まだ電源は入っていません)が一番嬉しいようです。こたつが出て以来、あまりガズーの顔を見なくなってしまいました。ずっとずっとこたつの中で寝ているからです。



ガサガサ……ガサッ…
      DSCN1839_convert_20081106204341.jpg
「むふふふっふっふふふ…うふふふ…」
↑本当にこう言って遊んでいます




次点でアルミホイルのボールです。
ペットショップで1個105円のかわいいカラフルなボールを2個買ってあげたのですが、それよりもアルミのボールの方が断然喜びます。そして遊んでいるうちになくし、時々覗くとソファの下、冷蔵庫の下、ベッドの下、机の下…などなどが巣窟と化しています。特に冷蔵庫の下は、どうやったら入るのか分からないような状態にもかかわらず、ネズミのオモチャが監禁されています。



      DSCN1838_convert_20081106205139.jpg
ずどどっどどどどどど!!!

ガズーも一応、これくらい活発に動けるんです!!



      DSCN1843_convert_20081106205437.jpg
「おまいはもうしんでいるに」

……弱そうな拳だなぁ……フワモッフのハミ毛ありのまんまるお手手じゃなぁ……



先日ノミを発見し、速攻お風呂行き決定のガズーでした。室内飼いで油断していました。これからフロントライン買いに行きます。少しずつ部屋のガズーのベッドや毛布など頑張って駆除します。季節的にもちょうどいいかも?とプラス思考でやります。お風呂でも取りきれず、時々痒そうで申し訳ない、ガズー。

21:05  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

長生きの秘訣

2008.11.05 (Wed)

今日は実家に行ってポルの様子を見てきました。



      DSCN1869_convert_20081105172441.jpg
「なんかみんな、最近変なのよね…」



状態は普段通り。あげく心配する母のおかげか欲しいだけご飯を貰えるので、一時期痩せてやっとできたくびれが元通り。むっちりお腹になってしまっています。食欲旺盛、妹いわく「食べ過ぎてるから少しダイエットさせないと。」と言わせるくらい、元気です。歯がないのでペースト状の柔らかい缶詰にしたところ高い缶詰なものだから1日何度も欲しがる始末。早々と療養食は普通の缶詰に格下げとなりました。(それでも変わらずの大食漢!!良い事だ!!)

エイズの症状は出ていると言ったら当てはまる項目もいくつかあります。それでも10項目中3個くらいでしょうか。初日に病院で打ってもらった薬がすぐに効いて、次の日には悪い症状はかなり抑えられたようです。今の所問題は歳のせいで抜けかけている歯がグラついてご飯が食べにくそうなのが可哀相…ってくらいで、それでも食べ過ぎなくらいです。



      DSCN1867_convert_20081105173729.jpg
「おかあさ~ん ごはん~」

絶対食べ過ぎです。エイズよりもメタボに気をつけた方がいいようです。



      DSCN1875_convert_20081105174011.jpg
「まだかしら缶詰」 「まだかなカニかま」

両方とも全然あげる時間じゃありません!!



おそらく、ずっと一緒のカツもエイズに感染している事でしょう。しかし何故か今までお互い仲は良くてもあまり毛繕いなんかし合わなかったのに、ここ数日カツがポルの毛繕いをしようと何度も舐め、母はその度に止めに入っています。ポルを心配してか、ワタシがいた間も何度か毛繕いをしようとしていました。きっとカツとポルからしたら、何で今更止めるのか分からない…って所でしょう。
カツ曰く、長生きの秘訣は ☆たくさん寝て、たくさんお水を飲んで、好きなご飯を好きな時間に好きなだけ食べて、ちょっとの刺激とたくさんのおしゃべり!!   だ、そうです。



素晴らしい生命力で 約束を守ってくれてありがとう、ポル!!

      DSCN1871_convert_20081105175207.jpg
「1コ 200円はする缶詰が毎日食べたいわアタシ」

う~ん…病気に負けない体力はまだまだ余裕であるようだけど…それでも戦う力を付けるためにも好きなだけ食べさせるべきか…その腹をなんとかさせるべきか…
しかしここに来て若返りを始めている素晴らしい2匹であります!!
18:04  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

思い出した膝

2008.11.04 (Tue)

海沿いの街湘南の秋も深まってきました。
朝晩の空気は冷たく、涼しいと寒いの間を行ったり来たり。寒いのが好きな寒がりなワタシ。着るものに毎日困っています。キッチリしたお仕事じゃないからキチンとした上着は必要ないし、でもゴワゴワ固い上着は嫌だし、コートじゃまだ暑い。ニットの素材の上着はカワイイけど自転車かっとばすワタシには寒い。そこで結局10年位前から着ているベージュのジャンパー(ジャンパーって言い方、古いんですけど…それがピッタリの服)になってしまうのですが、裏地は毛玉だらけのポケットには穴が…色もくすんでいます。先日ついに妹に「やばいよそれは」と一喝されました。



      DSCN1666_convert_20081104171544.jpg
「おしゃれってなに?」

「おしゃれな人ってのは、前の日から洋服考えなくたって朝起きてパパッと選んで合わせた服がおしゃれなんだよガズーや。一種の才能だよねぇ。」



ガズーも冬支度が済んだようです。モフっ毛がさらにモッフモッフして肉だか毛だかその両方だか見た目では判断できません。最近時々痒がり、よく掻いています。一番毛が取れるブラシが嫌いですぐにじゃれてしまうので、ここはいっそ本格的に寒くなる前にお風呂にでも入ってもらおうかと考え中です。
前回の冬にガズーはワタシが化粧をしているとしゃがんでいるワタシの膝の上に必ず乗って来ました。化粧している時限定で、それ意外の時にはどんなに膝においでと言っても自分からは来ません。

今年は昨日、やっと化粧をしていたら思い出したのか乗って来ました。

ガズーがお布団に入って来たり、膝掛けを取ったり、転がってテレビを見ている相方の服の中に入って寝だしたりすると、去年ガズーが産まれて初めての冬を迎えた時を思い出します。それだけ寒くなってきたんだなぁ…としみじみ感じます。



      DSCN1693_convert_20081104173051.jpg



残念な事に、昨年の冬はワタシの膝の上でちょこんと可愛く香箱座りをしたり、のびをしてくつろいだり化粧を見ていたガズーですが……今年は軽くはみ出しておりました。何度も本人も座り直して定位置を決めたいのですが、どう頑張って座っても何処かがはみ出します。そして制裁重量オーバーで5分と経たないうちにワタシがねをあげます。
想定外の大きさまで育ちました。



      DSCN1722_convert_20081104173810.jpg
「……わるいこと してないよね?」

「うん…してないのに、不便だね」



17:44  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

隠れ家の憂鬱

2008.11.02 (Sun)

お金をかけずに最近は遊ぶ事が多いライアーと相方です。
今日は駅前のサンドイッチ屋さんサンドーレでサンドイッチを買いポテポテ歩いて市営球場に行き草野球を見ながらお昼にしました。3時のお茶に近所に出来た隠れ家カフェ ”アシエンダ イエ”に行きました。最近出来たばかりで、いつでも行けると思うといつまでたっても行かない、そんなお店ってありませんか?その一つがこのお店で、場所もいまいちわかっていませんでした。遠くから観光などでドライブがてら来られる方の方が案外きちんと地図を見て場所を調べて来るものですよね。今日はやっとたまたま散歩で前を通りかかったのでやっと入る事ができました。一軒家の民家を改装したとても素敵なお店です。
美味しいコーヒーが飲めます。
しかし今回は残念な事に残念なお客さんが一組いらっしゃいました。
そのお店の良い所は本当の隠れ家的な雰囲気で部屋からはうっそうと茂る雑木林が見られ喧噪から離れ静かな時がゆっくりと過ごせるレストランなのですが………それはそれはにぎやかな女性客さんが。次からは平日に行く事にします。



      DSCN1743_convert_20081102175655.jpg
「ろっくおん」

      DSCN1744_convert_20081102175727.jpg
「はっしゃおーらい」

      DSCN1745_convert_20081102175755.jpg
「どっかーん」



休日は相方と出かける事も多いのですが、1日はお休みにしたり、早めに帰って来てうっとおしいくらいガズーといるようにはしているのですが…よくあーおあーお言います。実家の猫がまったく鳴かない子達で、その時に先生が「不満がないから鳴いて要求する事もないんでは」とおっしゃいました。なのでガズーは何か不満でもあるのかと心配になるのですが…あまりなんでも付き合っていると躾になりませんし…模索中です。
18:45  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

猫と向き合う

2008.11.01 (Sat)

たびたびこのブログにも登場している実家の愛猫 ポルックスが猫エイズである事が判明しました。



      DSCN0048_convert_20081101211804.jpg



現在16歳。人間で言うとかなりのおばあさん。
ポルのかかりつけの病院の先生はとても良い先生だけど、基本アバウトであまり細かい事は言わないし、治療方針もなるべく自然にまかせて…というタイプの先生です。我が家に来てしばらくしてからはほとんど外猫で、野良猫とのケンカも時々ありました。三毛猫は気が強いと言われますが、その姿のとおり気が強く負け知らず。親のひいき目かもしれませんが若い頃はそれは美しい猫だったため雄猫にもからまれたりもありました。当時母は先生に猫エイズと猫白血病ウイルスの検査をするか聞かれ、断ったそうです。もし陽性だったらと考えると怖かったそうです。きっと現在、里親活動などなさっている方が聞いたら激怒するかもしれませんね。16年前、我が家にはそんな知識を持った人間はいなかったのです。
デッキに父が小屋を作り、冬になるとそれを厚手のビニール素材でさらにカバーをし、のれんをつけました。中にはベッドと毛布、クッションが敷かれポルとカツ二匹で寝ている中に手を入れるとまるでこたつの中のようにあたたかでした。少しずつ部屋の中に入れるようになり今ではほぼ家猫ですが、幼少期は姉弟一緒でなければキツイ生活をさせていました。
そのため現在も庭のパトロールは怠りませんし、おトイレもお気に入りの庭の場所に出てします。

ここ数日、歯が抜けるのか口臭がひどくよだれも出てごはんが食べにくそうだったので抜けかけた歯を抜いてもらおうと、今までとは違う病院に行った事により猫エイズが発覚しました。
いつポルがエイズにかかっていたのかわかりません。可能性はいくらでもあった生活をしていたからです。そして、ワタシや妹は他の有名ブログなどを見ていて在る程度それも踏まえてポルやカツを見ていたのですが、やはり母は一番ショックを受けていました。



      DSCN0246_convert_20081101214230.jpg
「ワタシ…大丈夫なのに。」



思い返してみても、いくつか猫エイズの片鱗はあったのか…それは微妙です。

歯磨きなんてした事なかったので数年前から歯が抜け始め、その度に口臭がひどくなりご飯を食べにくそうにしてはいましたが抜けるとすぐ復活。熱が出て寝込む事もほとんどなかったし、風邪もひかない。食欲旺盛、機嫌もいい、楽しそうに話しかけてくるし、ワガママし放題。記憶のあるかぎり具合が悪くなって酷く寝込んだのは数年前尿路結石でお腹が痛くなった時くらい…。



      DSCN1762_convert_20081101215417.jpg
「本当に大丈夫なのに…みんなうるさいわ」



現在、ポルは病院で打ってもらった点滴が効いたのか、歯が痛くなくなってきたのか、食欲旺盛、必要以上に食べております。

今では考えられない生活をしてきたポルックス。(とカストル)
でも、自由であるとポルとカツが思っていてくれたら…いいな…と。

猫エイズだけど血液検査は16歳にしてはビックリのパーフェクトな数値を叩き出したポルでした。
(先生もビックリ!!)
猫エイズで16歳。きっと他にもそんな子はいると思います。そんな子達のお手本になれるようなこれからを送ってもらわないとポルには。
ポルがしたいように楽しく生活出来るようにしたらいいと願ってやみません。
もしかしたら防げたかもしれなかった病気。ワタシ達飼い主の考え方一つでポルの寿命が変わっていたかもしれない。責めようと思えばいくらでもいくらでもできる。でも……楽しそうに庭で遊ぶポル、木に登るポル、雪の上をそろそろ歩くポル、ハンターのポル、そんなたくさんのイキイキしたあの顔を後悔する思いはありません。
当のポル自身は何一つ変わらない生活をしています。
しかしワガママを増長させるように、先日はマグロの切り身をたいらげ、高い缶詰を1日2個もたいらげ、………まぁ…いいや…。

病院は行ってもらうけど。



21:14  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。