10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

みずのおと

2011.11.26 (Sat)





すみません、更新が全然できませんでした。
カツくんが去りボケッとしたのは1日だけでしたが
友人の結婚式があったり
自分らの結婚式の準備があったり
なんだかんだ(ほとんど良い事で)バタバタしていました。
PCを開く事すら出来ませんでした。
ちなみにガズーは
ハイパー元気です。
食い過ぎでウンPもモリモリ出過ぎです(ー∀ー)
暑い暑い夏よりも
寒い寒い冬の方が元気なガズー。





DSCN7001_convert_20111126210749.jpg




カツくんはきっと、
下っ端のチョビ(という野良ちゃんが昔いた)が
提灯ぶら下げ迎えに来て、
そのままポルの経営する虹の橋横町のぼったくりバーに行き
チイママの小梅ちゃんに挨拶をしたら
仲間に手みやげ持って挨拶回りに忙しかったんじゃないかなと
思います。

とっても優しかったから、
皆に手みやげ渡したくて
サンタクロースみたいになってる
気がします。




DSCN6990_convert_20111126212233.jpg





実家に帰って
カオス庭にぼーっとたたずんで
ふと 振り返ると
木陰にある小さな池の水を飲む音が聞こえて来そうです。




スポンサーサイト
21:26  |  カツとポル  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

カツくん逝く

2011.11.20 (Sun)





実家のカツくん、11月19日午前9:30永眠。





DSCN2656_convert_20090325175046.jpg




優しくって
おかあさんッ子だったカツくん。
父のビール腹の上でよく一緒に寝ていたカツくん。
庭が大好きで毎日パトロールしていたカツくん。
何度も死にかけては復活してくれた
不死身だったはずのカツくん。
苦しまずにほいっとポルの所にお出かけしたみたい。

鈍臭いから
ちゃんとポルの所に行けたか
心配。




DSCN2664_convert_20090325175659.jpg




小さい頃から優しくって、ちょっとボーッとしてたから
狩りが下手で下手で。
いつも上物を狩って来たポルの後を付いて回って
羨ましそうに眺めていたっけ。
そんなカツくんが唯一自分で取って来たのは
小さなネズミとモグラ。(モグラの時は怒られていた。)
その時の自慢げな顔、忘れないなあ。
前足が片方、ちょっぴり短くて、ヨテヨテヨテと歩く姿が目に浮かぶ。
猫らしいポルとは真逆に甘ったれのカツくんは
最後もしっかり甘ったれで、
家族みーんながいる時に
家族みーんなにバイバイを言って行きました。
いつものように
母が少し離れた所でキッチンに立つ
お茶碗を洗う音を聞きながら…






名前のとおり、
ずっと仲良しだったカストルとポルックス。
しっかり二匹で打ち合わせどうり、
ポルの命日が10月19日。カツの命日が11月19日。
大丈夫、誰も忘れないから。




名前のとおり、
星になって

もうポルには会えた?




DSCN0100_convert_20080718173716.jpg




21:55  |  カツとポル  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ポルの命日

2010.10.19 (Tue)




今日は先代猫ポルの命日。
これから実家に行って来ます~☆

赤が似合う子だったから…
赤い花束を買って
会いに行こうと思います。





DSCN5964_convert_20101019142216.jpg


「ポルおばさんならそこにいるのに
どこに会いにいくの?」







14:23  |  カツとポル  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

彼らのパーティー

2009.12.29 (Tue)

もう今年もあと少し。
いいかげんクリスマスネタを終らせなきゃ


思いつつ
今日も続きます。



DSCN4777_convert_20091229183059.jpg



最近、ライバルだったポルが去って
お部屋の中に少しだけ入れる許可がおりたアキラ。
キッチンの一角がアキラスペースになっています。

アキラにとっては
おいしいニオイがたくさんするのに
我慢の夜でした。



DSCN4776_convert_20091229183345.jpg
「おかあさん ちょっと なにか落としたらいいよ
ボクが食べてあげるからさ ね 」




DSCN4785_convert_20091229183609.jpg
「きょおはにぎやかだんべ ポルが帰ってくるべさ」



この二人、
男同士何の波長が合うのか、
仲良しです。



ポルがいなくなって
少し寂しそうだったカツ。
カツの今の使命は、ポルが戻って来るまで
元気で長生きする事。



少し前の双子座流星群、カツは見たでしょうか。

カツとポルの名は
双子座の神話の神様、
カストルとポルックス。

いつまでも強く仲良くいて欲しいと願ってつけた名。
今は一人だけど
きっとカツとポルの絆は神話以上に強かったはず。
家族皆が集まって騒がしいのが好きだったポル。
クリスマスにもきっと
カツに会いに戻って来ていたと思います。



DSCN4774_convert_20091229184519.jpg


18:46  |  カツとポル  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

晴れ女

2009.12.07 (Mon)

先日実家の庭にポルの納骨をしてきました。

ポルは晴れ女ですね、
富士山まで良く見えるからりと晴れた日になりました。



DSCN2505_convert_20091207203941.jpg



火葬場に行ったあの日も
同じように雲一つない青空でした。

母は言いました
「自分の両親を見送った時よりも辛い」と。
いつもそこにいてギュッと抱きしめる事のできたポル。
ワタシは仕事などに追われて忘れる事が出来る瞬間があります。
でも母はそこここに息ずくポルの気配の中で生活しているのです。

ポルが亡くなってしばらくは
我が家にもポルが来ていたようで
それはそれは面白いガズーの百面相が見れました。

ああポルが来ているな

そう感じる瞬間が度々ありました。


ポルを拾って来た妹2は
「東京までは来れないね」
なんて寂しそうに言っていましたが、
礼儀を重んじるポルは
納骨の前に夢に出たようです。
しかも新しい毛皮を着て。
少し長めの三毛だったようです。
本当に本当に
いつか
そんな姿で戻って来て欲しい。

願わくば
ワタシ達の元へ。



DSCN3638_convert_20091207205408.jpg



この季節になると思い出す

掃除の度に片付けるコタツを
「早く設置しろ」
とブツブツ文句を言っていたポル。
畳の真ん中でたいして寒くもない部屋で
凍えるように言っていました。
ストーブで焦げた事もあったっけ…。

20:59  |  カツとポル  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。